cozy-nest 小さく整う暮らし

男子3人を持つワーママ、尾崎友吏子がつづる、暮らしをダウンサイジングして、すっきり簡単に片付く、自然に優しいシンプルな生活。

cozy-nest
小さく整う暮らし

ダウンサイジングして
モノもコトもミニマムに
自然に優しいシンプルな生活

ダウンサイジング

「小さな暮らし」でラクになる。雑誌「婦人公論」に掲載していただきました

婦人公論12月12日号に掲載していただきました。 特集は、『「小さな暮らし」でラクになる』。モノ・コト・ヒトの断捨離です。

そろそろ年末の大掃除の準備。手始めに床ワックスをかけました。

年末には大掃除をしなくていいほど、いつもキレイな部屋を保てるのが理想。 とはいえ、時間がかかりすぎて、普段のルーティンにはなかなか入れることのできない作業や、一人では重くて動かすことのできない家具の裏のホコリ取りなどは、やはり年末になってい…

台風でわかった、我が家の適量。ベランダにも余計なものは置かない。

今回の台風はすごい風でした。 大阪はあまり直撃はしなかったのですが、最近は見なかった強風のせいで、マンションの木が何本か折れてしまっていました。台風の前には、ベランダに置いていた植木やホウキ、生協のコンテナ、バットなど全てのものを玄関ポーチ…

「狭くてもすっきり暮らす法則」今住んでいる部屋でも、心地よい暮らしは叶う。

ムック本「狭くてもすっきり暮らす法則 」に掲載していただきました。

彼女の家にはアレもない。都心の好立地に住まう友人が私以上のミニマリストだった。

夏休みを利用して帰省中、昔の友達に会いました。 彼女の家にお邪魔したら、自称ミニマリストの私よりものがない生活をしていてびっくりしました。

防災の日に見直す普段の備え。半年に一度、非常持ち出し袋のチェック。

「そなえよつねに」。 三男の「非常持ち出し袋」にある刻印。

7/4NHK文化センター西宮で「小さく整う暮らし方」について講座をします

再来週、兵庫県西宮で講演会をします。

自由なこれからの暮らしのキーワードは「小さな家」

掃除や庭の手入れが面倒どこへいくにも不便リフォーム代がかかりすぎるローンが重荷で普段の暮らしに節約を強いられる広くても、散らかる原因が解決できない老後の経済が心配。。。

人生いつでも順風満帆というわけじゃない。

老後ってどれぐらいお金がかかるんでしょう? 先行きが見えにくいご時世、不安になることはありませんか。不安になるひとは多分大丈夫でしょう。だって、今から備えることもできるから。 私は大丈夫だろう、とおもうひとのほうが要注意なようです。

くつろぐ道具を小さくすれば、家じゅうがくつろぎのスペースになる。

引っ越し前に、ソファが無くなり、リビングが広く使えるようになってからもうすぐ2年。

暮らしをダウンサイジングしたら、もっと自由になる。

昨年8月から8ヶ月に渡り、webマガジン「よみもの.com」で連載させていただいた「小さく整う家の住まい方」を、加筆、修正、編集したものが、このたび3冊目の本として発売されます。時間とお金にゆとりができる「小さな家」: 働く母の家事が本当にラクにな…

かさばる冬の布団の収納

先日の記事にも書きましたが、www.cozy-nest.net真冬に使っていた布団や毛布を毎日すこしずつ洗い上げています。羽毛布団って、軽くて暖かいけど、収納にとってもかさばります。 我が家は、来客用のかけ布団以外は、遊んでいるお布団はありません。夏もカバ…

ブラバンシアのタッチビン。機能性の高いゴミ箱は調理時間を短縮する。

三角コーナーは、持っていません。ぬるぬるしたりするのもいやだし、そうないために洗うのも面倒なので。 広告紙を箱型に折って、ゴミ入れに使う方法はよく知られていますね。でも、それを折っている時間がなかなか取れなくて。

持つもの、持たないもの、我が家の基準

私は、自分のもの、たとえば服やバッグ、靴、本などはなるべく少なく持つようにしていますが、夫や子どものものはそれほど制限はしていません。また、家族といえど、ひとのものを勝手に捨てたりはしません。www.cozy-nest.net

新刊「追われない家事」予約を開始しました

1月26日発売の新刊『3人子持ち働く母の「追われない家事」』 お世話になった編集チームで最後の調整中です。 すこし内容をご紹介させてくださいね。 家族に、手作りの安心で美味しいごはんを食べさせたい。 部屋をこざっぱり整えておきたい。 こんな理想が…

「ミニマリストの部屋づくり」自分流の部屋の整え方のヒント満載!

大人気ブログ「ミニマリスト日和」おふみさんの新刊「ミニマリストの部屋づくり 」を読みました。 おふみさんは2年前からモノを減らしはじめ、多くのモノを手放し、小さい部屋へお引越をされ、今ではご夫婦で2DK44m2のマンションでスッキリと暮らしていま…

豊かさをもたらすのは、お金ではなくゆとり

モノを買ってばかりだったときは、いくら働いてもお金が足りなくて、いくら買っても満足しなくて。 小さい頃から競争にさらされ、一番になるのが良いこと、早く出来るのが良いことと思っていました。いまの若い人たちはそうでもないかもしれないけど、40代後…

畳の暮らしなら、狭い部屋を広く使える。

リビングルームと聞いて、どんな部屋を思い浮かべますか? 大型テレビの前に、心地よい大きなソファ。ソファの前にはコーヒーテーブル。 床はフローリングで、ソファの前にはラグが敷いてある。「リビング」というと、なんだか洋風なイメージが浮かびます。…

「シンプルでゆとりのある家事と家計の組み立て方」

雑誌「リンネル」2016年11月号の特集「シンプルでゆとりのある家事と家計の組み立て方」に、掲載していただきました。リンネルが初めて出版されたとき、リンネルのような傾向のファッションを取り上げる雑誌がほとんどなかったので、衝撃でした。これ、私の…

眉間のシワが消えた?肌断食、宇津木式スキンケアを丸3年。

2013年9月から開始した宇津木式スキンケア。全ての基礎化粧品を断捨離。 お手入れそのものしないから、ラクなんです。「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―posted with ヨメレバ宇津木龍一 青春出版社 2012-02-…

住みやすさが続くポイントは、住まいを自分に合わせること

家探しや家作りは、自分の住まい方に会った家を探すのが主流です。 でも、ライフスタイルが変化するのは、見落せません。家族構成が変化するなら、住み替え。同じ家に住み続けるならリフォーム。必ず、その予算を取っておく必要があります。かつては、新築を…

貯まる・片づく・時短になる、必要なものだけの暮らし

7月7日発売、CHANTO(チャント) 2016年 08 月号に掲載していただいています。テーマは、「ワーママ読者4人のおうちが実証! スッキリ捨てれば貯まる! 片づく! 時短になる!」

作り置きと超簡単メニューだけで平日1ヶ月過ごしてみた。1週目

「3人子持ち 働く母の モノを減らして 家事や家計をラクにする方法」P132で、「本当に忙しい人の平日のメニュー」として、簡単な献立を紹介しています。週末に、野菜の下ごしらえと、鍋いっぱいのスープを作っておき、1品料理に添えるというものです。献立…

最小限で楽しむディスプレイ

飾りは最小限にして、楽しむ。

「1週間で8割捨てる技術」で捨てられない人も捨てられる

人気ブログ「筆子ジャーナル」筆子さんのご著書、「1週間で8割捨てる技術」を読みました。

ミニマリスト御用達「エアリーマットレス」の使い心地

次男が愛用していたすのこマット。

「時短パフォーマンス」で選ぶ、働き者の道具

どこの家庭にも大抵あるだろう家電。炊飯器 ホットプレート トースター我が家にこれらはありません。一方、まだ普及率が低そうで他の家庭ではあまりもっていないガスの洗濯乾燥機があったりします。この基準ってなんだろう?

ミニマリスト佐々木典士さん講演会「減らして得られる豊かさとは」

ミニマリストを流行語までに押し上げた「ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -」の著者、佐々木典士さんの講演会に行ってきました。1時間にわたるお話の中、とくに私の琴線にふれた部分をご紹介します。

災害と持たない暮らし

九州にお住まいの皆様の安否が心配です。安心して寝ることもできない日々を送ることはどんなに辛いでしょう。どうか、地震が早くおさまりますように、 そして、いつもの生活に早く戻れるよう、ただ祈るばかりです。

本日発売「モノを減らして家事や家計をラクにする方法」小さな暮らしで得たゆとり

物欲の上限がわかり、そして必要なものも多くないとわかりました。モノを手にいれることに、それほどエネルギーは必要ありません。 「足りないモノ」でなく、「今あるもの」を大切にすることで、生活の小さなことにより豊かさを感じられるようになりました。…