読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cozy-nest 小さく整う暮らし

男子3人を持つワーママ、尾崎友吏子がつづる、暮らしをダウンサイジングして、すっきり簡単に片付く、自然に優しいシンプルな生活。

cozy-nest
小さく整う暮らし

ダウンサイジングして
モノもコトもミニマムに
自然に優しいシンプルな生活

「モノを減らして家事や家計をラクにする方法」こういう人に読んでほしい


ads by google

3人子持ち 働く母の モノを減らして 家事や家計をラクにする方法
見本が届きました。



はじめにより抜粋


・あなたはこんな悩みをもっていませんか?
「すぐに部屋が散らかる」「食事作りが大変」「洗濯物がたまる」
「忙しくて子どもと関われていない」
「家のローンが重い」「教育費や老後が不安」
「一生懸命働いているのに、ラクにならない」…など

f:id:cozynest:20160408120352j:plain


・私も、あなたと同じように、多くの悩みを抱えていた、
16歳、11歳、6歳の3人の男子を育てている、共働きの主婦です。
そして、理想と現実の暮らしのギャップに悩み、苦しんでいました。

・でも、たった一つの方法を見つけただけで、ずっとラクになれたのです。
それは、「モノを減らす」という方法でした。

・そもそも、私が本当にしたかった「理想の暮らし」とは?
限られた時間やお金を使ってかなえたい、「本当に大切なモノ」とは?
自分自身に問いかけながら、モノを減らしていき、
住居費を「年間100万円」減。「追われる家事」から「追う家事」へ転換。
日々「ゆとり、豊かさ、自由」を感じています。

・本書は、私が実際に減らした「モノ」に焦点を当てて、
「モノを減らすことで家事や家計をラクにする方法」をご紹介します。


副題は、「downsizing of my life(暮らしのダウンサイジング)」。



本のデザイン


表紙はクラフト感のある紙。

アマゾンなどでは、かなり緑かかった色に見えますが、実際は、うすいブルーとグリーンとグレーの混ざったニュアンスのある色です。


f:id:cozynest:20160408123644j:plain

帯を外したところ。せっかく長いタイトルなので、写真は最小限にして、タイポグラフィーを活かすデザインにして頂きました。



f:id:cozynest:20160408120400j:plain

カバーを外したところ。

そのまま本棚に納めたり、その辺においたとき、ノイズになりにくいデザインにして頂きました。



f:id:cozynest:20160408120408j:plain

無印のシンプルなノートのようなデザインです。背面にひっそりとタイトルが印字されています。




本文には何が書いてあるの?目次をちらり


本文は5部構成になっています。


f:id:cozynest:20160408120605j:plain

part1 なぜ、小さい暮らしを選んだか
    ~ガラクタのために借金をするのはやめました

part2 小さい暮らしを始めるためのSTEP
    ~時間とお金を配分すべき、大切なモノの見極め方


part3 家計にゆとりを生む、モノの減らし方
    ~見直したいジャンル別、モノの減らし方   

part4 「追われる家事」から「追う家事」へ
  ~小さくするとうまくまわりだす

part5 小さい暮らしで得た、ゆとり・豊かさ・自由
   〜ほんとうにしたかった暮らしに近づく

付録  ???


私がいちばん書いていて楽しかったのが、付録の部分。
これは追ってまた紹介させてください。

part1を紹介している記事。
www.cozy-nest.net



part2を紹介している記事。
www.cozy-nest.net


part3を紹介している記事。
www.cozy-nest.net



part4を紹介している記事。
www.cozy-nest.net



part5を紹介している記事。
www.cozy-nest.net



こういう人に読んでほしい

・これから結婚する、出産する
・これから引っ越し、家探しをする
・住宅ローンが重く感じている
・こどもの教育費が心配
・忙しくてこどもとの時間が取れない
・老後の資金が不安
・収入は多いのに、なぜか貯まらない
・毎日の料理に頭を悩ませている
・片付けたいけど、どこから捨てていいのかわからない
・捨てるのはもったいないと思っている
・頑張っているのに、なぜか満たされないと感じている
・一生懸命働いているのに、ラクにならないと感じている
・こどもたちの未来の暮らしが不安


これらは、私が以前に抱えていた迷いや悩みの数々。
本を通して、微力ながら読者様のヒントになればいいなと思っています。