読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cozy-nest 小さく整う暮らし

男子3人を持つワーママ、尾崎友吏子がつづる、暮らしをダウンサイジングして、すっきり簡単に片付く、自然に優しいシンプルな生活。

cozy-nest
小さく整う暮らし

ダウンサイジングして
モノもコトもミニマムに
自然に優しいシンプルな生活

【衝撃】お風呂の排水口を洗剤で洗わない実験を1年半してみた結果【見なかったことにしよう】

「追われない家事」 整理・収納・掃除・洗濯 心地よい住まい ミニマム家事

はじめにお断りしておきますが、この記事のタイトルは「釣り」です。

f:id:cozynest:20170221162806j:plain:w400

申し訳ございません。

一度も排水口を洗剤で洗わない実験をしてみた結果です。

「1年半も洗剤で洗わなかった排水口」の写真はこちら↓

続きを読む

持つもの、持たないもの、我が家の基準

持たない暮らし ダウンサイジング

私は、自分のもの、たとえば服やバッグ、靴、本などはなるべく少なく持つようにしていますが、夫や子どものものはそれほど制限はしていません。また、家族といえど、ひとのものを勝手に捨てたりはしません。

www.cozy-nest.net

続きを読む

意外に簡単。お鍋でご飯を炊いてみよう

ミニマム家事 「モノを減らして家事や家計をラクにする方法」

小学校の家庭科の時間、次男のクラスの先生がアンケートを取ったそうです。

1クラス30人強のクラスのうち、炊飯器を使わずに炊飯する家庭は2家庭だけ。
その中の1家庭は我が家です。

炊飯器ない家庭は、珍しいかもしれませんが、鍋炊飯は実はとっても簡単で、特に炊飯器を買う必要を感じないから持っていないのです。

お米を炊くのにありがちな思い込み

続きを読む

出し入れ簡単、アイロン待ち衣類の置き場所

「追われない家事」 ミニマム家事 心地よい住まい 整理・収納・掃除・洗濯

アイロンをかけるのは主に夫と息子のYシャツ、私のリネンのブラウスもたまに。
洗濯物は、ハンガーで吊るして干し、そのままクローゼットにハンガーごと吊るす方式。アイロンをかけるシャツも同様です。

f:id:cozynest:20170216082522j:plain:w480
ファミリークローゼットが暗いので、写真も暗いです

アイロン待ちの衣類も、ほかの衣類とおなじようにクローゼットのなかに一緒にかけてしまっています。例えば、夫のYシャツの場合、このように着用待ちのシャツとアイロン待ちのシャツを分けて収納しています。




月曜日の朝

続きを読む

アイロンがけがラクに始められるグッズの置き場所

「追われない家事」 ミニマム家事 整理・収納・掃除・洗濯 心地よい住まい

美しくも手早いアイロンのかけ方を習得し、また自分でより効率的な方法を見出して、今では1枚につき2分〜2分30秒ほどでアイロンがけをします。でも、出し入れが面倒でついおっくうになってしまうことがあります。

続きを読む

アイロンがけはめんどうだけど、クリーニングに出すのもめんどう

「追われない家事」 ミニマム家事

私は、夫のYシャツのアイロンがけを週末にまとめてします。
私がアイロンがけをするのに気をつけていることなど、3回に分けて投稿します。


入会している「友の会」の、「生活基礎講習会」で、アイロンがけの方法を学んだのが、まだ私が独身の頃。そのときは、父のYシャツのアイロンをかけるのに1枚あたり10分もかかっていました。今では、1枚あたり2分ぐらいでアイロンをかけられます。

f:id:cozynest:20170213083033j:plain
撮影:佐藤朗

続きを読む

本の楽しみ方と手放し方

整理・収納・掃除・洗濯 心地よい住まい

本が好きです。

きれいな写真集や旅行ガイドなどを眺めて、旅行した気分になったり、美味しそうな料理が載っている本を眺めて料理のモチベーションを高めたり。


https://www.homify.jp/
https://www.homify.jp/


以前は、図書館のようなたくさんの蔵書がある暮らしに憧れていました。とはいえ、たくさん本を持っていても、再度読み返したい本というのは、かなり限られます。私がもっともよく見るのは、レシピ本ぐらいでしょうか。

シンプルな生活を志し、手持ちの本もたくさん処分しましたが、持っていた本を手放しても、いままで困ったことはいままでほとんどありませんでした。大抵の本は図書館に置いているので、待てばまた借りることができます。

本を手放す方法をケース別にご紹介します。

・数が多く、比較的新しい本の場合
・数が多く、古い本の場合
・数が少なく、新しい本の場合
・数が少なく、古い本の場合

続きを読む