cozy-nest 小さく整う暮らし

男子3人を持つワーママ、尾崎友吏子がつづる、暮らしをダウンサイジングして、すっきり簡単に片付く、自然に優しいシンプルな生活。

【防災】お鍋を汚さないポリ袋クッキング。おかずも作ってみた!

先日友の会の集まりで、ポリ袋でお米を炊く実験をしました。

www.cozy-nest.net


【防災】非常食はいらない?断水でも、鍋を汚さずに米を炊く方法。 - cozy-nest 小さく整う暮らし

思いのほか、ふつうに美味しく炊けて、大満足の結果に。

f:id:cozynest:20190218123823j:plain

そのとき、同時に炊いたご飯を応用して、一緒に食べられる別のおかずも作ってみました。


アレンジレシピその1。ヘルシー中華丼。


 

炊けたポリ袋でつくったご飯といっしょに、中華丼の具もいっしょにポリ袋調理してみました。

材料は、白菜とピーマン、玉ねぎ、人参、豚こま肉。味付けは、片栗粉、顆粒中華だし、豆板醤、塩こしょう、ごま油、片栗粉。

全てをポリ袋に入れて、まぜまぜ。

そして、平らにして、空気を抜いてから、上の方で縛ります。
 
白米のときと同じように、今度はとろ火で15分。

 

f:id:cozynest:20190225123531j:plain
できた中華丼のあん。

お湯を入れる前にしっかりと混ぜたのがよかったのか、きれいなとろみが付いていました。


中華丼は、ちょっと加熱が足りなかったか、人参が少し固かったので、ごく薄切りにすればよかったです。胡椒と豆板醤がはいっていたので、すこしピリ辛。お子様にはすこしからかったようです。

レシピにはとろ火で15分とありましたが、次回にチャレンジする時には、あと5-10分ほど長めに加熱しても良さそうだなと思いました。

ご飯の加熱時間は40分ですが、ご飯ど同時にいれてみてもいいかもしれません。


アレンジレシピその2。ドライカレーで味に変化を。


ドライカレーは、同じくポリ袋で炊いたご飯に、ポリ袋で加熱した具材を混ぜてつくります。

材料は、ハム、玉ねぎ、人参、エリンギ、ピーマン、レーズン。(参考書籍からすこし材料はアレンジしています)

調味料は、カレー粉、ケチャップ、塩、こしょう。

レーズンを除く、全ての具材を5mm角に切って、ポリ袋に調味料とともに入れます。
こちらはとろ火で10分加熱。
中華丼の素と一緒のお鍋で、時差を付けて入れました。
違ったおかずも時差で入れることによって、一つの鍋で、しかもお鍋を汚さずに作れるのも、ポリ袋クッキングのメリットですね。



f:id:cozynest:20190225123534j:plain
最後にご飯とレーズンをまぜて、完成です。

こちらも、すこし人参が硬かったかな?
あと、レシピ通りだとカレー辛すぎて、大人はいいけど、ちいさなお子様にはかなりからかったようで、お水!と言われてしまいました。カレー粉は、メーカーによってからさがまちまちなので、量が難しい。。。

反省点としては、やはり人参はもうすこし薄切りがよかったこと、そして加熱時間をあと5-10分ほど長い方が良いこと。

f:id:cozynest:20190225123543j:plain
また、とろ火で加熱中、どうしても袋が浮いてきてしまい、お湯から上にでてしまっている部分はどうしても加熱不足になります。
落し蓋のようなものやお皿をかぶせて、お湯の水面から具材がのぞかないように工夫したほうがよかったです。

 

炊きたてごはんプラスおかずで、災害時にもほっとするお食事を。

生命を維持するために必要な食事。

そして、日本人にとって、その基本となっているのはやはりご飯。
でも、いくら災害時とはいえ、ずっと白ご飯ばかりじゃ飽きてしまいます。

今回は、アレンジとして、中華丼の具と、白ご飯に混ぜ合わせて作るドライカレーを作ってみました。
参考にした本には、ほかにも親子丼、炊き込みご飯など、ちょっとの工夫でいろいろ味の変化をたのしめるレシピがたくさん掲載されています。



おかずも、もっとシンプルな調理法があればいい。


今回使ったこの本は、ポリ袋を使うということで、勝手に非常用に使えるとして調理実習しました。

でも、この本、本来は非常用ではなく、家庭にも鍋を洗わずに手軽に作れる真空調理法を紹介しる本なのです。

だから、今回作ったドライカレーも中華丼も、野菜を切ったりする手間があります。
水が使える環境かならいいんですが、断水するケースを想定すれば、やはり野菜を切ったりして包丁やまな板をよごしたりはしたくありません。

 
それなら、切らなくてもいい具材を合わせてつかうのが良さそうです。

 たとえば、

・冷凍のミックスベジタブル
・冷凍のブロッコリーなどの冷凍素材
・コーン缶
・さば水煮缶
・ツナ缶
・ソーセージ
 
こんな素材を普段から使って、非常時にはドライカレーや丼などを作るのも良いですね。

 私は、普段からピラフをよく作るんですが、玉ねぎと鳥もも肉を切って炒めた「ピラフの素」を多めにつくって冷凍庫に作り置きしています。
www.cozy-nest.net


こちらも、袋ごとケチャップなどの調味料を加えて味を整えたら、袋ごと加熱調理して、混ぜご飯のように食べてもいいですね。


ポリ袋で作るおいしいレシピ

【防災】断水&停電でも温かいご飯。「ポリ袋炊飯」質問いただきました。 - cozy-nest 小さく整う暮らし

【防災】非常食はいらない?断水でも、鍋を汚さずに米を炊く方法。 - cozy-nest 小さく整う暮らし

【災害対策】真冬に停電!ガスもストップ?災害時の使える暖房について考えてみた。 - cozy-nest 小さく整う暮らし

【防災】停電!断水!ライフラインが止まって一番困ったこと。 - cozy-nest 小さく整う暮らし

【防災】台風の備え、私の大失敗。 - cozy-nest 小さく整う暮らし

【防災】災害時に役立つ、おすすめの非常用ウォータータンク。 - cozy-nest 小さく整う暮らし

【防災】停電対策に、これだけは絶対必要!ライト編 - cozy-nest 小さく整う暮らし

【防災】停電時、これだけは絶対必要!情報収集編。スマホの充電をキープ&ラジオ最強説 - cozy-nest 小さく整う暮らし

無印良品週間で備えるローリングストック & ジャマにならない防災用品の収納。 - cozy-nest 小さく整う暮らし
ブログ村テーマ
災害・地震・防災
シンプルで機能的な生活
時短家事の工夫
家事がラクできる家づくりの工夫♪
もっと心地いい暮らしがしたい!
簡単!美味しい!節約時短レシピ♪
超!かんたんレシピ