cozy-nest 小さく整う暮らし

男子3人を持つワーママ、尾崎友吏子がつづる、暮らしをダウンサイジングして、すっきり簡単に片付く、自然に優しいシンプルな生活。

cozy-nest
小さく整う暮らし

ダウンサイジングして
モノもコトもミニマムに
自然に優しいシンプルな生活

水筒のキャップは、カビ知らず。夏に美味しい手作り飲み物・紅茶も緑茶も手作りで。


ads by google

先日、ミニマリストの持ちもの帖という本を出したのですが、最もよく耳にした、いただいた感想です。


「保存容器多っ!」
「水筒多っ!」

・・・たしかに。我ながらかなり多いと思います。





水筒は、11個あります。多いでしょうか。


とはいえ、我が家は5人家族。こどものスポーツの試合で1日外出のときには、ひとり、2−3本ほど+別途氷などを持っていくので、必要なんです。三男には、私も丸1日付き添うこともあります。(おそらく、「水筒多っ!」と感想を持った方は、お子さんがスポーツで1日開けることのないご家庭だと思います。)「飲み物がなくなったら買えばいい」と思っても、遠征先の学校のグラウンドや体育館周辺では自販機すら見つからないこともあるのです。こどもがスポーツをしている家庭では、どこも水筒の多さに困っていると思います。我が家も11個あるので、それなりのスペースは取っていますが、他のものがないので、それほど困っていることはありません。


ちなみに、2Lの大型水筒もあります。1日試合で外出のときは、これを一本もち、人数分持っていけば、本数も少なくて済みますが、この大型水筒は1日試合のときにしか使いません。もし、1Lを2本持っていけば、本数は増えてしまいますが、中身を違うものにしたり(子どもはお茶とスポーツドリンク、私はお茶とコーヒーなど)、近距離の外出に使う頻度も増えます。使う頻度が少ないものがあるより、数が多くなっても、使う頻度が多いほうが嬉しいです。数より使い勝手が優先です。

ちなみに、それぞれの学校にはウォータークーラーがあり、飲み水がいつでも飲めます。次男の学校ではお弁当のときにヤカンに麦茶が供給されます。学校にもっていくのは、それほど大きい水筒は必要ないのです。)


前置きが長くなりましたが、我が家のお気に入りの水筒は、LAKENという、スペインのメーカーのものです。





f:id:cozynest:20170814165234j:plain:w510
シンプルなフォルム。男前です。


f:id:cozynest:20170814165254j:plain:w510
蓋は、開閉のとき力を入れやすいよう、傾斜が付いています。



f:id:cozynest:20170814165304j:plain:w510
外観だけでなく、蓋や本体の構造もシンプル。洗いやすいし、清潔に保てます。



f:id:cozynest:20170814165625j:plain:w510
飲み口も、薄くて、なめらか。






我が家には、このLAKENサーモ(保冷保温できるシリーズ)が二つあります。小さいこちらは、暑い夏でも白湯をこよなく愛する長男が、部屋に白湯を持ち込むためにいつも使っています。もちろん外に持ち出すことも可能です。
大きいほうは、もっぱら次男が使うことが多いです。(こちらはいま出払っていて写真がありません)。
我はにあるのは、シルバーの750mlと350mlですが、この他のサイズや色もあります。





f:id:cozynest:20170814170354j:plain
我が家のLAKENコレクションの一部。こちらは保冷機能がないものです。「classic」という、口径が大きいタイプが気に入っています。
長男がボーイスカウトのアイテムとして使っていたLAKENの水筒。現在でも、ボーイスカウトの携行品として指定されているようです。軽くて丈夫です。
暑くない季節は、沸かしたほうじ茶を入れて持たせるのですが、保冷しない水筒は、暑い今の季節でも大活躍です。





f:id:cozynest:20170814170042j:plain:w300
暑い今の季節はアイスコーヒーやアイスティー、緑茶をたっぷり作るのに大活躍。熱いお茶を入れたら、そのまま粗熱冷まし。
コーヒーはドリップしたものを熱いまま、緑茶や紅茶はティーバッグを直接いれて(紅茶にはお砂糖も少し入れて)お湯を注ぎます。しばらくおいたらふたをしめて冷水にドボン。スリムなので、その後はそのまま冷蔵庫に入れてもかさばりません。



f:id:cozynest:20170814170355j:plain:w300
お鍋を利用して冷ますときもあります。






f:id:cozynest:20170814170349j:plain:w510
扱いが雑な次男がもっぱら使っている450mlは、ボッコボコですが、それもなんだか愛おしい。







LAKENシリーズが好きな理由は、なんといってもその蓋の構造のシンプルさ。取り外す部分がないから、いつでも清潔です。もちろん、本体と一緒に、定期的に酸素系漂白剤で消毒もしますが、普段はこのまま食洗機に入ればきれいに洗えます。なにしろ、構造がシンプルです。カビや水アカも一緒に飲むのはかんべんです。



f:id:cozynest:20170814170340j:plain:w300
LAKENサーモの蓋。内側もこれだけ。


f:id:cozynest:20170814170343j:plain:w300
LAKEN Classicの蓋。内側はこれだけ(中身が入っていたので濡れています)
長年使っていると蓋のパッキンも劣化します。なんどか別売の蓋も購入しています。


本数が多いからこそ、水筒はお手入れも収納もミニマムにしたいと思います。


もし、次買う機会があれば、こちらも試したいと思っています。






こちらは保温のないタイプ。蓋はステンレスと竹。プラスチックの部分がないそう。美しいです。


www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net