読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cozy-nest 小さく整う暮らし

男子3人を持つワーママ、尾崎友吏子がつづる、暮らしをダウンサイジングして、すっきり簡単に片付く、自然に優しいシンプルな生活。

cozy-nest
小さく整う暮らし

ダウンサイジングして
モノもコトもミニマムに
自然に優しいシンプルな生活

Panasonicのリアリエで住まい探しをもっとスムーズに。


ads by google

7月1日より、パナソニックの中古不動産売買&リフォーム紹介サイト「ReaRie(リアリエ)」のリニューアルに先立ち、「リアリエ」の座談会に参加させていただきました。

Panasonicの住宅サービス「リアリエ」の座談会に参加しました

参加者は30〜40代の、整理収納アドバイザー3人。いずれも、子育て世代で、仕事を持つ、お母さんです。



お片づけチャイルドマインダー 
やまざきみなこさん 

Angers-Stype
橋場陽子さん 


第一回目のテーマは、「家を買うということ」。
生涯に数回もない家を買うとき、中古か新築、どちらを選ぶのか、そしてその選んだ理由は?


やまざきさんも橋場さんも、お子様を育てながら、整理収納アドバイザーとして活躍中。
お二方とは、今回初めてお会いしたのですが、住み心地にこだわりがある、そして偶然にもみな男の子を育て中の主婦という共通点があり、はじめから最後まで話が尽きることがありませんでした。


そのときの様子はこちら

https://www.rearie.jp/

中古住宅を買ってリフォームする場合、中古住宅購入は不動産会社に、リフォームは施工会社に、お客様ご自身が別々に手配するのが一般的でした。これらの窓口を一本化したのが「リアリエ」です。物件探しとリフォームに関する様々な手続きをワンストップでご相談いただけます。

「新築だけが、住みたい家ですか?」

子どもがいるということで、家族の成長を身をもって体験している主婦。

子どもが生まれたから、成長したから、少しずつ広い家が必要になります。

子どもが成長した後、子どもたちは巣立ちます。その後は、夫婦二人になるかもしれない。または、ずっと同居で、結婚して、3世代も同居という可能性もあります。いずれは、一人で暮らすことになるかもしれません。


理想的なライフプランを立てても、未来がその通りになるとはだれもわからないのです。

どういう変化があるかは未知ですが、ライフステージによって、変化があることは、近い未来に必ず訪れる事実。そして、家の寿命は、その変化よりずっと長いのです。


住みごこちにこだわる私たちは、ライフステージの変化によって、自分が住まいに合わせるのではなく、住まいを自分に合わせるほうが、心地よい住まいを作れると考えます。


家を買ったら、死ぬまでそこに住み続けることに執着しない。

心地よい住み心地のためには、資金の心配をしすぎることなく、ライフステージの変化に合わせて、リフォーム、ときには転居、住み替えをスムーズにできたらよいなと考えます。


大きな買い物だからこそ、ほんとうに必要な条件の住まいを見極める力や、よい工務店選び、不動産会社選びが重要になります。でも、そこには知識、経験の不足からくる難しさが伴います。




住まいのプロや便利なサービスを上手に利用しよう


整理収納アドバイザーは、その難しさの解消をするお手伝いができます。また、「ReaRie(リアリエ)」のような、不動産売買とリフォームが一体となったサービスを利用することで、いままで「買う」「リフォームする」が別の業者だった不便さを解消できます。


https://www.rearie.jp/




家を買う「憧れ」を、ほんとうの「住みやすさ」へと実現する、こうしたサービスが、もっと増えてくればと思っています。

www.cozy-nest.net


www.cozy-nest.net