cozy-nest 小さく整う暮らし

男子3人を持つワーママ、尾崎友吏子がつづる、暮らしをダウンサイジングして、すっきり簡単に片付く、自然に優しいシンプルな生活。

今すぐやるべき「ダニ対策」

以前から気になっていた、家のダニ対策。

我が家は、フローリングではなく畳の上で布団を敷いて寝ていることもあり、絶対にたくさんいるだろう、とは思っていました。


とはいえ、実際にダニが見えているわけでも無いし、痒みが発生したなどの実害がなかったので、いままで気になりつつも、放置してきました。




先日から、長男が、就寝時の痒みを訴えてきました。


長男の布団はマニフレックスのメッシュウィング



https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/cozynest/20160619/20160619002345.jpg

天日干しする必要もなく、自立するので起きたら毎回部屋に立てかけるだけ、という手間なしの敷き布団を使用しています。



メンテが簡単なマニフレックスのメッシュウィング
長男は毎日干していて、湿気やカビとは無縁だと思っていましたが、どうもダニが怪しい、ということで、


ついに以前から気になっていた「ダニ捕りロボ」を導入してみることにしました。





アマゾンや楽天の評価がとても良いものの、単価が高いので買うのを躊躇していましたが、ついにダニ由来と思しき実害が発生したので、ついにポチりました。




掃除機で吸い取ったり、天日干しをしたりしても、効果があるのは布団表面だけだし、殺虫剤を使うタイプは人への薬剤の害が気になる。

ダニ捕りロボ」は、本体を布団の下などに設置するだけ。誘引剤に集まってきたダニを捕獲して乾燥し殺傷、そのまま廃棄するだけなので、化学物質の心配が少ないところが気に入りました。
それに、置くだけなので、とにかく手間なし。(←ここ重要)


とりあえず、3つセットを購入。
説明書を読むと、ベッドや布団には、1,2個で良いらしい。3つじゃ足りないと思ったけど、多すぎた。




今度の休みに、マニフレックスの側生地を洗濯したついでに、「ダニ捕りロボ」を実装してみたいと思います。




シンプルな暮らしの参考になるブログテーマはこちら。

トラコミュ 捨てても、大丈夫だったもの。

トラコミュ 断捨離でゆとり生活

トラコミュ おうちを片づけたい

トラコミュ 「片づけられない」の様々な原因

トラコミュ 掃除・片付けのコツ

トラコミュ 捨てる。


ブログランキング・にほんブログ村へ