cozy-nest 小さく整う暮らし

男子3人を持つワーママ、尾崎友吏子がつづる、暮らしをダウンサイジングして、すっきり簡単に片付く、自然に優しいシンプルな生活。

Mayfly Pack 22 レビュー。街中、自転車、山歩きで使ってみた。


ads by google


先日買ったノースフェイスのリュック、早速使ってみています。

すっきりとしたミニマルなデザインで、超軽量。軽さは正義。




背面パッドが入っていないのでコンパクトに丸めることもできます。
パッキングは背面に固いものや歪つな形のものを入れないように工夫が必要。私は、仕事の時はクリアファイル、登山の時は座布団にするウレタンマットを入れていることが多いです。




ファスナーはスムーズで開けやすい。
ただ、ブラックを購入したので、ファスナーを開ける時も閉める時も、いちいちファスナーの取っ手を探している私がいます。

また、ファスナーをきちんと閉め忘れることがある私。
以前、気がついたらファスナーが閉じてなくて、荷物落としたんじゃ?とかもしかしてスリ似合ったんじゃ?と心配になることが複数回ありました。
人によっては、こんな心配はないのかもしれないけど、この辺りの理由でファスナー開閉式のリュックは本当は好きではないんです。

この点はこのリュックを選ぶ時の、最大の妥協点でした。




計量ゆえ、本体は超薄い生地なのですが、下部は少し厚い生地が使われています。この辺は流石アウトドアメーカー。おかげで、その辺に置くときもそれほど几帳面にならずに済みます。




外側両サイドにはメッシュのポケット、その上に荷物の厚みを絞れるコンプレッションベルトが付いています。



サイドポケットには、普段は手袋やマフラー、サングラス、水筒などを入れています。

手袋は100均の薄手のもの。
今の季節は、日焼け防止のマスク「ヤケーヌ」を。

www.cozy-nest.net

水筒は、タイガーの200ml。




こんなにミニマルなつくりなのに、きちんとコンプレッションベルトが付いているのは良いですね。中身が少ない時でもここを絞ればだらしなく見えることがありません。

個人的には、コンプレッションベルトというより、サイドポケットに長い物を入れるのに支えるのに役立てています。
サイドポケットに入れたストックなど長いものの落堕防止になっています。



コンプレッションベルトには、小さいポーチをつけています。中には、レインカバーと大きいゴミ袋。
レインカバーは息子の不要になったバッグについていたもののお下がり。
大きいゴミ袋も、レジャーシートのように使ったり、急な雨の日にリュックの中身を丸ごとゴミ袋に入れて雨から守ったりするのに使っています。




外側のセンターパネルにはデイジーチェーンのようなデザインのベルトがついています。ここ、何気に気に入っています。
普段は温度計を下げていますが、登山の時は熊鈴をつけたり、太陽光充電式のランタンを歩きながら充電したりしています。

www.cozy-nest.net



外側上部は小さめのファスナー式のポケット。
いつもは財布と鍵、リップクリーム、日焼け止め、おしぼりを入れています。



キーチェーンもついているので、登山の時はお財布と鍵はキーチェーンに締結してファスナーが開いていても落とさないようにしています。



上部ファスナー式のポケットの横にループあり。
私はここにカラビナをつけています。毎日の収納時にはこれを使って吊るして収納しています。




内側背面には、ベルクロの小さいポケットが一つ。
こちらには、ティッシュ、モバイルバッテリーと充電ケーブルを入れています。


こんなにミニマルで超軽量のデザインなのに、ウエストベルトもあり。
もちろん、腰で重量を支えたりするものではありませんが、細くてもある程度の仕事をしてくれている。

自転車に乗っているときに後ろを確認するときにリュックが左右にブレるのを防いでくれます。

また、登山中などは途中で服を脱ぎ着することがよくありますが、リュックを下に置かずにウエストで保持したまま、リュック本体にアクセスできるので、特に足元が濡れている時は助かります。

ウエストベルトは、修理中のお気に入りリュックにはありませんでした。
元々コンパクトなリュックで、中もそれほど重いものは入れないから、ウエストベルトがなくても不便は感じていなかったのですが、あったらかなり便利。


ショルダーハーネスは、薄手で柔らかい生地。
頼りなさそうですが、幅は広いのできちんと保持できます。
欠点は、柔らかい生地ゆえ、背負った時にヨレることがあり、それを手で直さなければいけないこと。個人的には気になる点ではありません。

ノースフェイス Mayfly Pack 22 の気になる点


背面パットがなく、しっかりしていないので、上部に重いものを入れると、開けようとした瞬間、重みでファスナーが全開になって中身がこぼれ落ちそうになることも。これは帰宅時にスーパーで牛乳やジュース、ヨーグルトなど重いものを入れたときに発生します。

同じく背面はペラペラの生地1枚。
普段では全く気にならないのですが、暖かい日に登山に行ったところ、背中の汗がすっかり背面の生地に移り、汗が中まで侵入してきました。
汗をかく季節には、向いていないかも。
ショルダーの片側を外して、ラフに背負う普段使いには問題ないけど、きちんと背負ってアクティビティをする場合は、背面の汗は直に中身に影響するのは無視できません。

ショルダーベルトの長さ調整の器具が緩く、中身が重いと少しずつ長くなって行きます。
160cmの私だと、ほとんどショルダーベルトは一番短くした状態ぐらいがベスト。中身が軽い時には問題ないのですが、水ボトルなど重量があるものを入れると、歩いていると徐々にベルトが緩み、気がつけば絞ったはずのショルダーベルトが長くなっていることがあります。


こういう、細かい点は、実際に使ってみないとわからないもの。
また、便利と思うポイントも、イマイチと思うポイントも、使う人の体型や用途によって違います。
私が良いと思っても他の人には欠点になることもあるし、私がイマイチと思っている点が他の人が求めている機能だったりします。

とはいえ、Mayfly Packは、超コンパクトで軽量なのに、アウトドアではちょっと嬉しい機能がきちんと付いている、ミニマルなデザインのザックです。
お散歩、ウォーキング、軽いトレッキング向けかな。暑くなった時に冬の上着を入れられる十分な容量があります。

何より、かなりお安いのがメリットかもしれません。




ノースフェイス Glam Daypack

スペックの近い、こちら↑と迷ったんですが、ちょうどセールになっていたのでこちらを選びました。

とってもコンパクトになり、超軽量。
普段に使わなければ、くるくると丸めてしまって置けるし、もっと大きな荷物の時の登山や旅行時のサブリュックとして使えそう。
もし、バッグが修理されて戻ってきて、元のバッグを使うことになれば、三男に行くことがすでに取り決められました。

それにしても、一つなにか入手するのにいつもあれこれ調べたり悩んだりするんだけれど、2、3年も経つと自分の欲しいものが変わってきます。
そう考えると、ものはそれほど多くは持たず、好きなものを徹底してつい倒すほうが性に合っているのかなもうのです。

ブログ村ハッシュタグ
#少ない服で暮らす
#少数精鋭服
#50代からの生き方
#ミニマルファッション

www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net