cozy-nest 小さく整う暮らし

男子3人を持つワーママ、尾崎友吏子がつづる、暮らしをダウンサイジングして、すっきり簡単に片付く、自然に優しいシンプルな生活。

「Rentio」で水拭きロボット「ブラーバ 」を2週間レンタル中。


ads by google






 

消費増税前に買いたい高額商品。

10月の消費増税前、お買い物の準備はされていますか?

我が家では、いくつか買うものを計画していますが、どうしても買いたいものは、ルンバとブラーバ (両方、もしくはルンバのみ)。

f:id:cozynest:20190903142854j:plain
何年も前から買いたいと思っていましたが、スペックを比較したりするのがめんどうで、購入を先延ばししていましたが、消費増税がやっと背中を押してくれそうです。

ブラーバ 購入を検討中。我が家に最適なのはどの機種?

f:id:cozynest:20190730135654j:plain
水拭きしてくれるのはありがたいのですが、我が家はリビングと寝室がダイニングと続きの畳。

畳は水拭きしたくないので、ブラーバ この仕切りを超えて欲しくないんです。


最新機種であるブラーバ m6は、バーチャルウォール機能付きで、見えないバリアを張り、ブラーバ の指定区間への侵入をコントロールできます。


最新機種であるブラーバ m6は、他にも便利な機能が付いていますが、検討したところ、それらはあまり必要なさそう。

iRobot社に問い合わせたところ、ブラーバ は2mmほどの段差なら、入射角によって超えたり超えなかったりするそうです。

畳のリビングとフローリングのダイニングの見切りの高さは、だいたい1-2mmといったところ。ブラーバ が超えられるのかどうか微妙です。

ブラーバ を購入前に、実際に我が家の床の見切りを超えるかどうか、テストするために、家電をレンタルしてくれる「Rentio」さんにブラーバ のレンタルを申し込んでみました。


気になる家電を気軽にレンタル。「Rentio」の利用はかんたん。

「Rentio」の利用はかんたん。
Rentioのサイトに行き、配送希望の日にちと時間を指定して、クレジットカードで支払いするだけです。


で、次の日にさっそくきた、ブラーバ 。

f:id:cozynest:20190903142909j:plain
私がレンタルのは、ブラーバ 380j。
レンタル期間は2週間で、3980円です。
(ブラーバ 販売元のiRobot社でもレンタルサービスがあります)


f:id:cozynest:20190903142905j:plain
説明書、付属のドライシートやウェットシートなど一式が入っています。充電もされていたので、届いてすぐに試すことができました。


ブラーバ は2mmの仕切りを超えられるか?テストしてみた。


f:id:cozynest:20190903144020j:plain
さて、真っ先に知りたかった、我が家の仕切りをこえてしまうかどうか問題。




f:id:cozynest:20190903143913j:plain
畳を水拭きされると困るので、まずは使い捨てシートを装着してテスト。




すると、





f:id:cozynest:20190903142924j:plain
ブラーバ は難なく2mmを超えて行ってしまいました。レンタルして、箱開けて10分後にはわかってしまいました。
のちに、ウエットのクロスをつけてみましたが、やはり段差を超えてしまいました。






Rentioでレンタルして、我が家の最適機種がわかりました

赤外線ウォールを築ける、最上位機種のブラーバ m6にするか。
その機能がなく、お手頃価格のブラーバ 380jにするか。

実際に我が家で、ブラーバ 380jをテスト走行させることで、我が家のお掃除マシンの必要スペックが明確にわかりました。




しばらく使ってみてわかった、ブラーバ のこと。

まだ1週間ほどしか使っていないのですが、我が家にはブラーバ (水拭きロボット)よりもルンバ(掃除機ロボット)のほうが有用だということがわかりました。

というのも、我が家でフローリングを水拭きするのは、普段は週に1度。無印のモップを使って雑巾掛けしています。

自分で充電器に戻り、自分で充電して、本体のゴミ取りは数日に一回(最上位機種なら1ヶ月に一回)しかしなくてよいルンバと違い、ブラーバは水タンクに水をいれ、雑巾(付属のシート)を取り替え、洗わなければいけないことです。ブラーバ は、使い捨てのシートも使えるので、それを使えばあらう手間は無くなりますが、それにしてもシートを装着する手間は発生します。

そして、複数の部屋など、広範囲を掃除するなら、途中で汚れたクロスを交換しなければいけません。
我が家はそれほど広くはありませんが、もしブラーバ を導入したら、せめてキッチンダイニングを掃除した後に、廊下やクローゼットを掃除するなら、いちど雑巾を取り替えるか洗いたいですね。


ブラーバ に付属している青いウエット用クロスは、工夫された素材で、コットンの雑巾とは比べ物にならないくらい汚れ落ちが楽なので、洗いやすく、乾きやすいです。

それでも、ルンバのように、まったくのフリーというわけにはいかないのです。

クロスをセットして、あらう。この手間を週に1度かけるなら、もうモップでチャチャっとやってしまってもそう変わらないのではないか。
ブラーバ を使ってみて、そう感じました。

我が家は、汚れが多いので、毎日の掃除機がけは必須ですが、もし普段は使い捨てのフローリンングモップで足りてるよ、という家なら、ルンバは使わずブラーバ だけ買う、というのもよい選択肢だと思います。



f:id:cozynest:20190903142918j:plain:w300
掃除した後だったのに、1度目はこんなに汚れが取れていましたよ。


百聞は一見に如かず。気になる家電をレンタルしてみよう。

購入前に、実際にブラーバ を家で使えて、わかることが色々ありました。


おそらく、ブラーバ は、我が家の場合は、最上位機種のm6を選ぶでしょう。もしくは、買わない、ということも考えられます。


憧れの家電も、いざ購入したら、思っていたのと違う、ということもよくあること。レンタルも気軽に利用して、実際に使ってみて、本当に自分の必要なものを購入したいと思います。
気になる家電のほかにも、イベント時や旅行のとき、カメラやムービーをレンタルしたり、一時的にしか使わないベビー用品を借りてみるというのも一案ですね。

www.cozy-nest.net

ブログ村テーマ
シンプルで機能的な生活
家事が楽しくなるモノ・工夫
時短家事の工夫
家事がラクできる家づくりの工夫♪
もっと心地いい暮らしがしたい!
暮らしを楽しむラク家事*
そうじ・洗濯のコツ~きれい大好き


追記:畳との仕切りを試行錯誤している記事です。
www.cozy-nest.net


追記その2:その後、仕切りがうまくできたので、ブラーバ を買いました。
www.cozy-nest.net