cozy-nest 小さく整う暮らし

男子3人を持つワーママ、尾崎友吏子がつづる、暮らしをダウンサイジングして、すっきり簡単に片付く、自然に優しいシンプルな生活。

【請求額公開】auの方が安かった? 格安SIM「mineo」の料金。


ads by google


昨年、iPhoneの契約を、auから「格安SIM」mineoに移転しました。


mineosyo-kai


最初の割引期間が終了し、毎月の請求額は、通話時間にも異なりますが、ほぼ安定しています。

ここ3ヶ月の請求額。

2018年10月 2362円


f:id:cozynest:20190123135136j:plain:w300




2018年11月 1875円

f:id:cozynest:20190123135142j:plain:w300





2018年12月 2032円

f:id:cozynest:20190123135144j:plain:w300


(いずれも税込価格)

ここ3ヶ月の請求額、平均は2090円。



mineoの「でんわかけ放題」をつけるべき?

mineoには、オプションで「mineoでんわ かけ放題」を追加できます。1通話10分以内の電話なら何度でもかけ放題というもの。定額で850円(税込918円)。


初期の申し込み段階で、このオプションをつけるかどうか迷いました。

facetimeやlineの音声通話をつかうことが多く、普段はそれほど電話をこちらから発信しません。

数ヶ月、電話代をウォッチしてみて、定額料918円をこえるようならあとでオプションを追加しよう、と最初からオプションをつけるのはやめにしました。



昨年の8月には旅行や帰省中に電話をつかうことがおおかったので、すこし請求額はふえ、この月だけ電話代が定額料を超えましたが、それでも毎月の請求総額は3000円は超えませんでした。

電話代がかけ放題の定額料をこえたのは、mineoにはいって8ヶ月間で1ヶ月だけでした。だから、今の生活スタイルが変わらないかぎりは、「mineoでんわ かけ放題」は、私には不要でした。

オプションを追加したり、外したりするのは、前月の25日までにスマホで操作すればすぐに変更できるので、夏休みなどの長期休みの月や、旅行の予定などがあるときには、簡単な操作でその月だけオプションをつけることが可能です。

ちなみに、後発でおなじmineoに契約した夫は、通話料をきにするのは嫌だと、「mineoでんわ かけ放題」をつけています。


auのときと比べて支出が増加。

以前契約していたauのときは、ネット契約をしておらず、電話のみ。iPhoneは家などでwifi接続のみでした。当時の請求額は、税別で平均1700円、税込だと1800円ぐらいでしたので、およそ200円ほど値上がりしたことになります。

とはいえ、その値上がり分でそとでもネットが使えるようになりました。大満足です。

格安simはいろいろな会社が参入していて、どの会社にしようかと迷うと思いますが、私が移転したmineoの実際の請求額をご紹介しました。

私のように、以前はwifi接続しかしていなかったような稀なケースは、値上がりすることもあるかもしれませんが、大手三社とスマホをネット契約している人なら、大抵のケースで大幅にスマホの料金が下がるでしょう。

格安simの会社を選ぶとき注意したい、割引後の料金。

格安sim選びで、いっけん毎月のスマホ代が安くなりそう、と飛びついても、安いのは最初の半年や1年だけで、以降は割引期間が終了して1000円もアップした、なんてこともあります。

それも、2年縛りや3年縛りがあると、値上がりしたまま(値上がりしたのではなく、値引きがなくなっただけですが)期限が来るまでやめられない、なんてこともあるようです。

値引き後の実際の料金はどうなの?ってことで、私が使っているmineoの実際の請求額をご紹介ました。


「mineo紹介キャンペーン」にて申し込むと、電子マネーギフト1,000円分のプレゼントがあります。
mineosyo-kai

mineo紹介キャンペーン|mineo(マイネオ)

www.cozy-nest.net

www.cozy-nest.net

www.cozy-nest.net