cozy-nest 小さく整う暮らし

男子3人を持つワーママ、尾崎友吏子がつづる、暮らしをダウンサイジングして、すっきり簡単に片付く、自然に優しいシンプルな生活。

cozy-nest
小さく整う暮らし

ダウンサイジングして
モノもコトもミニマムに
自然に優しいシンプルな生活

ストウブ、バーミキュラ・・・ミニマリスト、新しいお鍋を物色中。


ads by google

我が家で普段使っているお鍋は5個。

www.cozy-nest.net



普段はこれでなんとか足りていたのですが、現在もう一つお鍋を買おうかと検討中。

f:id:cozynest:20180118122939j:plain



新しいお鍋が欲しい。

子どもの成長につれて、夫や子どもたちの夕食の時間がずれる日が多くなって久しいです。
現在は、火、水、金が夕食が4回。土曜日が3回。帰宅時間がばらばらなんです。

そうすると、どうしても後から食べる人は残りを温め直すことに。
「チン」してくれればよいのですが、夫と長男は電子レンジで温め直しを好みません。(理由は、すぐ冷めるから、冷めると美味しくなくなるからだそう)


仕方が無いので、小さい鍋に移し替えたり、大きいお鍋やフライパンのまま各自で温め直してもらっています。小さいお鍋は朝のお味噌汁の用意ですでに出汁を取っている最中で使われていることも。普段は、そのフライパンや鍋を洗ってくれているのですが、あまりに帰宅が遅すぎると、やはり洗うのはしんどいらしく、水に浸しておくだけになっていることも。
それはそうですよね、私だって11時に帰宅してそれから大きいお鍋を洗うのはしんどいです。


私が温め直してあげて、サーブし終わってからお鍋を洗うのがよいんでしょうが、残念ながらそこまでできる体力&気力が残っていない。


というわけで、1人分温められ、そのまま食卓にも出せて、食洗機に入れられるお鍋を探しています。



必要なお鍋のスペック。

・1人分のおかずが温められる
・食洗機に入れられる
・食卓にそのまま出せるデザイン
・美味しく調理もできれば。。。




実は、以前直径14cmの小さな土鍋を持っていたんですが、少し欠けてしまっていたので、引越しの時に処分した経緯があります。その土鍋に代わるものとして、以前から使ってみたいとおもっていたストウブのお鍋が候補に挙がりました。





温め直しだけで高価な鋳物のお鍋を買うのももったいないなとは思います。でも、以前からあこがれているけど「重すぎてとても無理」と思っていた鋳物のお鍋、小さいサイズならなんとか扱えそう。



候補はストウブ ピコ・ココット


いいなと思っていたのは、ストウブのココットラウンド。
食材のうまみを閉じ込めて、そざいそのものの味を際立たせる鋳物ホーロー鍋の老舗メーカー、staub(ストウブ)。

武骨なデザインは文句なしだけど、迷ったのがサイズです。アマゾンなどのレビューを見ると、1人分なら14cmが適当と書いてありますが、夫も長男も次男も1人で普通の2人分ほど食べる大飯食らい。サイズ感を実物で確認すべく、阪急デパートへ。




さっそくお鍋売り場を見ると、ありました、ストウブ。

f:id:cozynest:20180118123004j:plain

・・・とおもったら、似ている違うお鍋だった。



「バーミキュラ」という名前のお鍋。
最近になって発売されたお鍋だそうで、見た目かなりストウブに似ています。



ストウブもいいけど、バーミキュラも素敵。

f:id:cozynest:20180118123004j:plain
うつくしい「バーミキュラ」のお鍋。
国産だそうです。しかも、琺瑯が欠けたら釉薬をまた掛け直してくれる保証が付いています。


f:id:cozynest:20180118122942j:plain
ストウブの14cm黒。


f:id:cozynest:20180118122957j:plain
バーミキュラの14cm黒。



ストウブの黒はつまみが真鍮色だけどバーミキュラはクロム色なんですね。ストウブよりよりモダンな感じです。


バーミキュラとストウブはどちらも鋳物の琺瑯鍋、無水調理ができる重たいお鍋です。ほとんど似ていますが、こんなちがいがあるようです(詳しくはHP参照)





バーミキュラ/ストウブ 簡単に比べてみると。

・産地:国産/フランス産
・新商品/老舗
・底面に:リブあり/リブ無し
・内部表面:つるつる/すこしざらざら
・フタと本体の密着性: 高/若干低 (どちらも無水調理できる)
・重さ:比較的軽い/重い (・・・どちらも重い)


サイズ感を比較すると、同じ14㎝で比較すると、ストウブは外径、バーミキュラは内径で測っているのか、バーミキュラのほうが大きい。こちらのほうが大食漢の我が家向き?それでも、やはり小さすぎるかなぁ?


ストウブ16cmとバーミキュラ14cmだと、口径は同じぐらい。でも、深さがバーミキュラのほうが浅い。
調理をするなら、深さがあった方が良いかもしれませんが、食卓にそのまま出すならあまり深くない方がよさそう。




悩んでいると、店員さんがストウブの別のお鍋を見せてくれました。




f:id:cozynest:20180118122947j:plain
ストウブが日本向けに開発し、最近販売開始されたその名も「Wa-NABE(わなべ)」。



ココットラウンドより、鍋が浅く、底面は少しゆるめのカーブ。同じ口径なら容量は少なくなりますが、洗いやすそうだし、なにより1人で使う分にはこちらの方が都合がよさそうです。




店頭にあった展示用の食材を入れさせてもらいました。鶏手羽3本に卵1個。先日食べた「鶏手羽の酢醤油煮」が、まさにこれ。
www.cozy-nest.net


同じものを入れてサイズ感を見てみます。

f:id:cozynest:20180118122937j:plain
バーミキュラ14cm。いい感じ。底面に「リブ」があるのが見えます。





f:id:cozynest:20180118122935j:plain
ストウブ わなべ16cm。ちょっと大きい?底面が余ると少しさみしい感じですね。



どちらも高さはおなじぐらいで使い勝手がよさそうです。
バーミキュラのほうが、国産という点ではポイントが高い。また、フタと本体の密着性が高いそうですが、そこには私はあまりこだわりません(ストウブで十分)。価格はバーミキュラのほうが魅力的。バーミキュラは素材の熱伝導を均一にするために、底面に「リブ」が付いているけど、これは好みが分かれそうです。私は、ないほうが洗いやすいんじゃないかな?とおもったり、平らのほうが炒めものもできるのでは?と思います。




f:id:cozynest:20180118122939j:plain
左、バーミキュラ14cm、右ストウブ わなべS(16cm)。
はじめはストウブのココットラウンド14cmか16cmのどちらかをチェックするはずが、迷っているのは違う二つの商品。これだからウインドーショッピングは楽しく難しいんですよね。しばらく、迷うのを楽しみます^^


また、新たに購入した折には、使い勝手などをご報告させていただきますね。