cozy-nest 小さく整う暮らし

男子3人を持つワーママ、尾崎友吏子がつづる、暮らしをダウンサイジングして、すっきり簡単に片付く、自然に優しいシンプルな生活。

cozy-nest
小さく整う暮らし

ダウンサイジングして
モノもコトもミニマムに
自然に優しいシンプルな生活

まるで新品の輝き。換気扇掃除は、プロにお願いしています。


ads by google

いつも使っているキッチンがきれいだと、気持ちがよいですね。
先日、いつもおせわになっているプロのハウスクリーニングのHさんに、先日換気扇掃除を依頼しました。

f:id:cozynest:20170815105909j:plain




ここ10年ほどは、換気扇掃除は毎年Hさんの会社にお願いしています。

以前、団地に住んでいたときには、壁に換気扇が直接付いているプロペラ式の換気扇を使っていました。そのときには、プロペラまでとりはずしてつけおきするのもそれほど大変ではありませんでした。パーツが少なく、換気扇の構造がシンプルだったので、簡単にお掃除できたのです。

シロッコファンの付いているキッチンの家に引っ越してからは、なかなかそうはいきませんでした。
フィルターだけはなんとかなったものの、中のファンの部分は構造が複雑です。中に入り込んだ油と埃のまじったベトベトを落とすのには、かなりの時間がかかりました。めんどうなので、半年ぐらい放置、あとで固まった油を掃除。。。でも、初めの4年ほどは自分で掃除していました。掃除するのに、4時間以上費やしていたと思います。しかも、特別な道具がないので、割り箸や歯ブラシなどが届かないところは綺麗に落としきることができませんでした。


ある時、換気扇を掃除しようとしたら、ファンを取り外すネジが外れません。前に夫が掃除のあと、戻してくれた時に、かなりきつく締めすぎたようです。ペンチなどを使ってもダメでした。ネジに油が付いて、固まってしまったようでした。力をかけすぎて壊れてしまうのも嫌だったので、プロにおねがいすることにしました。

ママ友の旦那様がダスキンのエージェントをやっていたので、定期的におねがいすることになりました。Hさんは、ダスキンから独立して会社を設立、ずっとHさんのところにお願いしています。掃除に来るスタッフは以前はダスキンの制服でしたが、独立してからは服や使う薬剤も違うものを使っているそうです。でも、仕上がりの丁寧さ、綺麗さは同じです。

いつもは、換気扇のフィルターと、換気扇フード、フィルターより手前のところは掃除できているんですが、

www.cozy-nest.net



プロにおねがいすると、換気扇フードからとりはずして、ネジ穴の中まで掃除していただけます。

(掃除前の汚い画像です)










f:id:cozynest:20170815105858j:plain
機械の奥に入り込んだ、自分では落としきれない汚れ。
写真は、換気扇フードをとりはずしたところです。前回の掃除は約1年前。フードと本体の間の、細かい隙間にも汚れがたまっているのがわかります。私は自分でやっていたときには、フードをとりはずすことはしませんでした。
汚いところには、虫なども沸きかねません。普段目にしないところまで綺麗になるのは気持ちが良いです。





f:id:cozynest:20170815105900j:plain
ファンの取り付け部。やはり、金属の接合部などに油と埃の塊が。




汚い写真、失礼しました。
ここからはAFTERになります。



作業の様子をもっと撮影しようと思っていたのですが、わたしはリビングで三男と遊んでいて、シャッターチャンスを逃しました。

f:id:cozynest:20170815105904j:plain
掃除がおわったところ。今回は作業員さんが二人でいらして、1時間半ほどで終わりました。私が定期的にフィルターとフードは掃除できていたので、早く終わったそうです。換気扇掃除は、たいてい、2時間ほどで終わるそうです。






f:id:cozynest:20170815105907j:plain
換気扇の奥のコードの裏側や付け根、複雑な形の溝のキワ、ビスの周りまで、ピカピカになっています。

ここまで綺麗にするには、プロが2人x2時間=延べ4時間。それを考えると、私が一人で4時間以上かけていたのも当然ですね。技術のない私が4時間かけてもここまで綺麗にならないのは当然です。私一人がやるなら、・・・4時間以上かけると、いやになってしまい、ここまでは絶対できません。



換気扇の中の掃除や、エアコンの掃除など、複雑でテクニックのいる場所は、プロに頼むのも一考です。私は、換気扇掃除は毎年、リビングのエアコンは2年に1回(他の一回は自分で)、あまり使わない子ども部屋と寝室のエアコンはもうすこし間隔をあけて、プロにお願いします。自分のかける労力や時間を考えたら、私はもう2度と、シロッコファンを自分で洗うことはしないと思います。


実は、換気扇の掃除に最も適しているのは夏です。暑さで、汚れが緩んでいるからです。もし、自分で掃除するにしても、年末の大掃除の時でなく、暑い季節にする方がよいですね。洗ったパーツも早く乾きます。


プロのハウスクリーニングは、年末はもちろん忙しく、6〜7月ごろも、エアコンのクリーニングの予約も多いそう。また、Hさんの会社では、賃貸退去前後のクリーニンングもしているので、引っ越しシーズンなども忙しいらしいです。暑い季節で、予約の取りやすいのは、8〜10月です。


f:id:cozynest:20170815105909j:plain
見えるところはいつも掃除しているから、こうして写真をとったらあまりいつもと変わらないのですが、中まできれいだと、本当に気持ちがよいですね。掃除して気持ちよくなるのは、自分でしたときのほうがひときわですが、他の方にやっていただいても、やはり気持ちのよいことに変わりはありません。

書籍「3人子持ち働く母の 「追われない家事」」では、忙しい私でも続けられる掃除の方法をご紹介しています。

www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net
www.cozy-nest.net