読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cozy-nest 小さく整う暮らし

男子3人を持つワーママ、尾崎友吏子がつづる、暮らしをダウンサイジングして、すっきり簡単に片付く、自然に優しいシンプルな生活。

cozy-nest
小さく整う暮らし

ダウンサイジングして
モノもコトもミニマムに
自然に優しいシンプルな生活

ブラバンシアのタッチビン。機能性の高いゴミ箱は調理時間を短縮する。

お気に入り ダウンサイジング ミニマム家事

ads by google

三角コーナーは、持っていません。ぬるぬるしたりするのもいやだし、そうないために洗うのも面倒なので。
広告紙を箱型に折って、ゴミ入れに使う方法はよく知られていますね。でも、それを折っている時間がなかなか取れなくて。




f:id:cozynest:20170306235621j:plain



我が家にあるキッチンのゴミ箱は、ブラバンシアのタッチビン。











f:id:cozynest:20170306234952j:plain

キッチンのゴミ箱といえば、足でペダルを押して開けるタイプをよく見かけますが、タッチビンは、その名の通り、手で押して開くタイプ。







開きっぱなしが使いやすい

写真の、フタの黒い部分の、少し凹んでいる部分を軽くタッチすると、フタが開きっぱなしになります。
f:id:cozynest:20170306234942j:plain

この、フタが開きっぱなしになるのが、かなり使い勝手がよいのです。調理中は、シンクの近くまで持ってきて、開いたまま、直接ゴミを入れていきます。たとえば、お芋の皮むきをするときも、ゴミ箱の上でピーラーで皮を向きます。








高さがあるのが使いやすい

細長いフォルムは、場所をとらず、デザインもそれほど主張しません。背が高いので、それほど無理な姿勢をすることなく、お芋の皮もちゃんと中に落ちてくれます。とにかく、捨てる動作が楽なのです。これれで、ビニール袋も三角コーナーもいりません。


f:id:cozynest:20170306235034j:plain
写真は身長180cmの長男。あまりかがむことなく、ゴミを捨てることができます。身長160cmの私なら、さらに捨てやすいです。






丁寧で美しい造り

また、フタを開閉するとき、音が静かなのも気に入っています。ポチっという音で相手、バチっという音で閉まります。フタの開閉がスムーズなので、子どももたのしんでゴミを捨ててくれます。




我が家にあるゴミ箱は、子供部屋を除くと、これひとつ。


f:id:cozynest:20170307000114j:plain
インテリアの邪魔をしすぎない、美しいデザインも気に入っています。

我が家のはアーモンド色。我が家のインテリアの邪魔をしないデザインです。
ほかにも、ホワイトはクローム色、ブラックなどがあります。以前は、ホワイトがなかったのでアーモンドにしましたが、あったらホワイトを選んでいたかも。



中に、自治体の45lのゴミ袋をセットできます。ゴミ袋は、外側から見えないようにセットできます。週1〜2ぐらいの割合でゴミを捨てますが、本体は30lなので、ゴミの入ったゴミ袋を出すと、まだ少し余裕があります。ここに子供部屋から持ってきてもらったゴミも一緒に入れて、袋を縛って丁度良いぐらいの大きさ。

そして、夏でも、フタを閉めれば一切臭いが漏れないのがすごいところ。さすがです。



ブラバンシアの企業精神

ブラバンシアは、オランダのファミリー企業で、その歴史は古く、創立は1919年。我が家にあるのはタッチビンですが、今やペダルビンの代名詞となっています。ブラバンシアの企業精神は、誠実さと品質へのこだわり。それは、商品の堅牢さ、美しさに現れています。

ブラバンシアの良いところは、パーツだけも買えること。以前、子どもがフタの接続部分を壊してしまいましたが、ネットでフタだけ別売で新しいパーツを購入することができました。そして、フタの壊れた部分は、ちゃんとより強固にリニューアルされていました。こうした取り組みが、根強いファンを増やしているんですね。私も、また壊してしまうことがあっても、修理をしつつ、長く愛用したいなと思っています。