読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cozy-nest 小さく整う暮らし

男子3人を持つワーママ、尾崎友吏子がつづる、暮らしをダウンサイジングして、すっきり簡単に片付く、自然に優しいシンプルな生活。

cozy-nest
小さく整う暮らし

ダウンサイジングして
モノもコトもミニマムに
自然に優しいシンプルな生活

靴のお手入れはラナパー最強!と思っていたけれど?


ads by google

靴磨き剤に、床のワックスを代用してみた


先日の、床のワックスがけの記事。

www.cozy-nest.net

 

床ワックスを拭き取ったウエス。 
夫の靴を磨いてみたら、


f:id:cozynest:20160813151907j:plain
いい感じに艶が出ました♪





愛用の靴クリーム、ラナパー。



以前、ラナパーの成分をみて、「これなら作れるかも!」と思い、靴クリームを手作りしたものの、艶があまり出なくて失敗したことがありました。それから、靴クリームはラナパー一筋なのですが。


www.cozy-nest.net











f:id:cozynest:20160813151924j:plain
ミツロウワックス、靴にも結構いいかも。ラナパーがなくなったら試してみよう。
ミツロウワックスのほうがラナパーよりコスパがよいので、ラナパーが無くなれば、在庫管理するものがまた一つへってラクになる♪






f:id:cozynest:20160813151903j:plain

1度履いたら、30秒ほど毎日靴をお手入れ。そして週1ぐらいにラナパーで集中手入れ。それでも1足あたり2分もかかりません。

あの、靴クリームの石油製品独特のニオイが玄関に充満するのがニガテで、靴箱からベランダに磨く靴を運び、ベランダの屋外で磨き、乾かし、また玄関の収納に戻すという大変なことを、ラナパーに変えるまでやっていました。

いまは運ぶ必要もないし、イヤなニオイがしないから、磨いたあと直接靴箱にしまってしまいます。靴箱の密閉が高い場合は、少し乾かした方がいいかもしれません。
我が家の下駄箱は両面引き戸。背面の引き戸は通気性のため外してあり、靴の数も少なく、通気性がよいので、すぐ収納できます。すぐ収納できるから、玄関もごちゃごちゃしません。

あの大変さは一体何だったんだろう?とラナパーに変えてから思います。







お手入れがいる、いらないの違い


革には天然の油分が含まれています。
床材の無垢材も、材質によって、含有油分が違い、ワックスの量や頻度も違います。
靴となっている革や、床材となっている木材は、活きている動物や木と違い、自然にその油分が供給されることはないので、ときどきお手入れが必要となります。

私は、肌の手入れは「宇津木式スキンケア」を3年ほどやっていて、外側からは何も与えていません。
内側からきちんと油分が供給されるから、外側から与える必要はほとんどないと実感しています。


www.cozy-nest.net



生きているか死んでいるか。生きている場合は、その再生機能が十分動いているのか。

外側からの栄養を与える必要がある、無いの違いは、ここにあるのかなと思います。



持たない暮らしのブログテーマはこちら。
テーマ 小さな暮らし

テーマ 少ないモノで暮らす

テーマ 持っていなくても困らないもの

テーマ The Minimalists

テーマ シンプルで豊かな暮らし