読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cozy-nest 小さく整う暮らし

男子3人を持つワーママ、尾崎友吏子がつづる、暮らしをダウンサイジングして、すっきり簡単に片付く、自然に優しいシンプルな生活。

cozy-nest
小さく整う暮らし

ダウンサイジングして
モノもコトもミニマムに
自然に優しいシンプルな生活

平日ラクする週末の「手間貯金」


ads by google

週末に作る、
平日のための作り置き。


食べざかりの子供たちがいて
仕事もしているので
欠かせません。

食事の用意のなにが大変か?
それは、

毎日、

1日3回、

決まった時間に提供しないといけない

ということ。


いくら料理が好きでも、
結構しんどい。

やりたくない気分、
出来ない体調のときだってある。



そういう時、
すこしでも
できるときにやっておく」ことで、
毎日の「やらないといけない」を減らしたら
負担がぐっと軽くなります。



私は平日仕事をしているので
平日のおかずを週末に作り置きしますが、

平日に作る時間があれば
お出かけする週末のために
平日作り置くのも
よいですね。

(この記事は、過去のものを加筆、修正しています)




今週の手間貯金

f:id:cozynest:20160426122355j:plain






f:id:cozynest:20160426122438j:plain
キュウリの甘酢漬け
新玉ねぎのマリネ
茹でインゲン(青み、弁当用)
茹で小松菜
人参の甘酢漬け
茹でほうれんそう


f:id:cozynest:20160426122424j:plain
豚肉の味噌漬け
五目きんぴら
肉みそ炒め
高菜ごはんの素









f:id:cozynest:20160426122514j:plain
野菜甘酢漬け(弁当用)
野菜炒めの素
サツマイモレモン煮



作り置いたものは
保存容器にいれて
冷蔵庫へ。

f:id:cozynest:20160426122358j:plain


作り置いたものを
どのように使っているか
とある週のメニューと共にご紹介。



月曜日

献立

・ごはん
・けんちん汁
・塩サバ焼き
・五目きんぴら
・ほうれんそうのおひたし
・さつまいもレモン煮

f:id:cozynest:20160426122537j:plain


使った作り置き

・けんちん汁

よく週末に鍋いっぱいに作っておきます。
味噌汁のように味が落ちにくいし、
和食に良く合います。

・五目きんぴら

温めただけ。
琺瑯は直接火にかけられて便利。


・茹でたほうれんそう

盛つけてポン酢をかけて。

・さつまいもレモン煮

この日は
ご飯を炊いて魚を焼いただけ。






火曜日

献立

・高菜まぜごはん
・中華スープ
・鳥ハムのサラダ、玉ねぎマリネ添え

f:id:cozynest:20160426122407j:plain


使った作り置き

・高菜ごはんの素

豚肉と高菜を炒め、
塩、ごま油、醤油、酒で調味。

・鶏ハム

・玉ねぎのマリネ


夕方から頭が痛いと思ったら
私が発熱。
しんどくて何もできず、
作り置きが本当に助かりました。

朝しかけておいた炊きたてご飯に
長男が作り置きの
混ぜご飯の素で用意しました。

冷凍庫にあった鶏ハム、切ったトマトに
作り置きの玉ねぎマリネをドレッシング代わりに。

この日は部活から帰った
長男が用意。
小さい弟たちを食べさせてくれ
かたずけは次男がしてくれました。

ある程度出来ていたら子どもでも
ちゃんとしたごはんが用意できます。






水曜日

献立

・ごはん
・味噌汁
・豚肉ともやしの炒め物
・ポテトサラダ
・五目きんぴら


f:id:cozynest:20160426123457j:plain


使った作り置き

・豚みそ漬け
・玉ねぎのマリネ
・キュウリの甘酢漬け
・人参の甘酢漬け

豚肉はロースを細く切り、
味噌漬けにしておきます。
切るのが簡単なニラと
手間いらずのもやしを使って。
すでに味がついているので
後は塩コショウぐらい。

玉ねぎのマリネと
朝茹でてつぶしておいたポテトと
キュウリの酢漬け、
人参の酢漬けとあえた
ポテトサラダ。

五目きんぴらは
月曜日と同じもの。
味がしみていてもおいしいものは
倍量作っておきます。





木曜日

献立

・春雨サラダ
・マーボー丼
・卵のスープ


f:id:cozynest:20160426122431j:plain


使った作り置き

・ひき肉の味噌炒め
・キュウリの甘酢漬け
・人参の甘酢漬け



朝の下ごしらえ。


f:id:cozynest:20160426122657j:plain

マーボー豆腐用の豆腐を茹でザルにあげた後、
同じお湯で春雨を茹でます。
お湯を切った後、
鍋に戻しキュウリと人参、
水で戻した乾燥ワカメと和えます。

私の経験によると、
日曜日に茹でたものは
水曜日ぐらいまでに使い切ったほうがよいです。
そこで、改めて茹でモノをしているというわけ。



右はスープの下ごしらえ。
昆布のだしはそのまま放り込みます。

取っ手の外せる鍋は
保存容器代わりに冷蔵庫に入れても
邪魔にならず便利。




金曜日


献立

・焼きそば
・トマトと玉ねぎマリネのサラダ

f:id:cozynest:20160426122534j:plain
出した瞬間から食べられてしまい
テーブルの写真は無しです



使った作り置き

・野菜炒めの素
・玉ねぎのマリネ

そろそろ作り置きのネタも切れ、
金曜日はたいてい手抜きメニュー。

野菜炒めの素は
豚肉と玉ねぎ、人参などの
水分の少ない野菜をいためて
塩コショウしておきます。

週末に買い置きの肉は、
目的が決まっていたら
火を入れて下味をつけておきます。

肉の味も落ちにくいし、
冷凍しておくよりも
解凍の手間と時間を節約できます。

水分の出るキャベツは当日に炒めたほうがおいしい。

もちろん、焼きそばだったら
初めから20分で出来る方もいるでしょう。
でも、我が家の場合、
量がハンパなく、
焼きそばの場合も茹で麺なら7玉使います。

当然野菜の量も多く、
比例して切るにも炒めるにも時間がかかる。

すこしでもやっておくと当日ラクなのです。


色気がないけど、
取っ手がないので
このままテーブルに出して
各自とりわけてもらいます。

疲れがたまっている金曜日、
片付けも簡単に(^−^)


週末、買い物前の冷蔵庫。
作り置きはほとんど食べきりました。

f:id:cozynest:20160426122358j:plain

↑冷蔵庫beofore

↓冷蔵庫after

f:id:cozynest:20160426122416j:plain:w320







掲載していただきました本。