読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cozy-nest 小さく整う暮らし

男子3人を持つワーママ、尾崎友吏子がつづる、暮らしをダウンサイジングして、すっきり簡単に片付く、自然に優しいシンプルな生活。

cozy-nest
小さく整う暮らし

ダウンサイジングして
モノもコトもミニマムに
自然に優しいシンプルな生活

災害と持たない暮らし

ダウンサイジング 整理・収納・掃除・洗濯 持たない暮らし

ads by google

九州にお住まいの皆様の安否が心配です。

安心して寝ることもできない日々を送ることはどんなに辛いでしょう。

どうか、地震が早くおさまりますように、
そして、いつもの生活に早く戻れるよう、ただ祈るばかりです。




再度の大きな災害。
地震大国である日本で、直下型の地震が、どこに来てもおかしくないのです。





家族一人ひとつ用意している非常持ち出し袋。
お米、水、お味噌、カセットコンロ。これだけでは何もならないかもしれないけど、何もないよりはまだすこしは備えていたほうが、だれかの役に立つかもと思い、再度点検したいと思います。

www.cozy-nest.net



www.cozy-nest.net


東日本大震災のあの津波に飲み込まれる街の映像を見た時、シンプルな暮らしを目指していた私の、より「身軽になりたい」と思う気持ちが加速しました。

わたしのウチには、なんにもない。」のゆるりまいさんも、かの大震災に遭ってから、持たない暮らしになったそうです。たくさんの家財道具が人を殺す凶器にもなる恐怖から、ゆるりまいさんのあの「ガラーン」とした部屋は生まれたのだとか。



f:id:cozynest:20160412110509j:plain
我が家のガラーン


わたしは関西に住んでいるので、当時実害はなかったものの、そのとき感じた「このままではいけない」という気持ちは、ずっと持続しています。


前回の大災害の教訓はほんとうに活かされているのでしょうか?
政府は、原発の再稼動を容認しています。
原発の真下に直下型地震が来ても、安全と言い切れるのでしょうか。
もうたくさんです。


その率直な気持ちを、本「3人子持ちの働く母がモノを減らして家事も家計もラクにする方法」の「おわりに」に書かせていただきました。
ーーーー

本の出版日には、
子どもを初めて保育園に預ける時のようになんだかドキドキしました。
いち主婦の書いた本なんて、買ってくれる人がいるのかなぁ、
出版社にご迷惑をかけたんじゃないのかなぁ、
不安とドキドキが混じった気持ちでした。

一瞬ですが、
楽天の「生活の知識」部門の1位に、
Amazonの「家計管理・貯蓄」カテゴリーのランキング1位になっていました(◎_◎)
なぜ、「家計管理・貯蓄」カテゴリーなのかわかりませんが。

f:id:cozynest:20160417003017p:plain

お手にとってくださり嬉しいです。