cozy-nest 小さく整う暮らし

男子3人を持つワーママ、尾崎友吏子がつづる、暮らしをダウンサイジングして、すっきり簡単に片付く、自然に優しいシンプルな生活。

cozy-nest
小さく整う暮らし

ダウンサイジングして
モノもコトもミニマムに
自然に優しいシンプルな生活

春休みの宿題は旧年度の整理。子どもの作品の楽しみ方と保存方法


ads by google

いよいよ春休みですね。
これから、春休みを利用して、新学年に向け前年度の整理をこどもと一緒にするのは、春休みの唯一の宿題です。

f:id:cozynest:20160317101809j:plain

子どもが作品を持ち帰ったので、さっそく一緒に整理することにしました。

作品、どこまでとっておく?

我が家のルールをご紹介します。




先日、三男が幼稚園から作品を持ち帰りました。

持ち帰った日、さっそくカメラに収めました。
そして、よくできているなと思うのを、三男と相談しながら現物をとっておきます。
今回は、上手にかけているのがたくさんあり(親バカ)選別したのは、半分ぐらい。

f:id:cozynest:20160317094326j:plain

描画作品を楽しむ

よく描けている中でもお気に入りは、壁に飾り楽しみます。
リビングを入ってすぐ左の扉の裏の壁を、ギャラリーにしています。




f:id:cozynest:20160317094346j:plain
絵、写真や賞状なども、この壁に飾れる範囲で適当に展示。
絵は、時折他のものと入れ替えます。








f:id:cozynest:20160317174344j:plain
この壁は画びょうの穴を開けたくないので、こちらの商品を利用しています。
紙にも壁にもあとがつかず、張り替えがラクなのがお気に入り。
以前、100均でノンブランドの類似品を買ったら、紙がダメになって悲しくなりました。
他のブランドのものもいろいろ試しましたが、この商品が、紙の損傷が一番ないように思います。



f:id:cozynest:20160317094335j:plain
壁の裏側は、キッチン。フライパンが掛かっている壁の裏に絵が飾っています。







立体作品の楽しみかた


f:id:cozynest:20160317094407j:plain
息子の通う幼稚園は、描画に力を入れている代わりに、立体の工作は比較的少ないです。
立体工作も、写真に撮ってしばらく飾ります。
そのあとは、息子たち個人のスペースに持って行ってもらい、飾るか捨てるか、好きにしてもらいます。






f:id:cozynest:20160317094358j:plain
これは、ペンスタンドみたいなので、使うって言いそう。
モチーフは天狗。






作品の管理は子どもに任せる


子どものスペースの掃除は、各自に任せています。
飾りものの手入れや掃除も各自に任せます。
ものを飾っていて、ホコリを払ったりする手入れができていなければ、どこかに片付けるか処分したほうがいいんじゃない?と提言はします。

任せるといっても、「掃除しない」「汚すぎる」はNG。
子ども部屋は、親が買った(借りた)家の一部を子どもに貸しているのだから、借りている人は責任がある。借りるのなら、責任を持ってそこをきれいに使わなければならない、と教えています。

私は、掃除が苦手だから飾るのは最小限。
モノが増えたら、その分掃除などの管理にも手間がかかることを、自分の部屋を掃除してもらうことで知ってほしいのです。





作品の保存の選別方法


「素敵」「残しておいたら記念になる」と思うものだけ私が別途保管します。
それ以外は、捨てるか取っておくか、子どもたち自身に任せます。
私がいらないと思っても、子どもが取っておきたいものもあるだろうし、その逆もあるからです。



捨てにくい思い出のものとどう付き合うか

思い出ものはとても整理しにくい。
「もういいや」と見切れる、気の済むまでとっておく。
それでいいと思います。

www.cozy-nest.net


でも、すべてをとっておく必要はないかなと思います。
たくさん持ちすぎている人は、「全部とっておく」人です。
それでも、本人が管理でき、満足できるなら、それでいい。

ただ、いつか自分が管理できなくなるときのことも、すこしは考えていかないといけない。
そして、全部とっておくと、膨大なスペースを要します。
とりあえず全部とっておくのではなく、いちど選別しておいたら、あとがラクです。
私は、あとで自分がラクするため、保管するところからいちど選別するようにしています。