読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cozy-nest 小さく整う暮らし

男子3人を持つワーママ、尾崎友吏子がつづる、暮らしをダウンサイジングして、すっきり簡単に片付く、自然に優しいシンプルな生活。

cozy-nest
小さく整う暮らし

ダウンサイジングして
モノもコトもミニマムに
自然に優しいシンプルな生活

「着回す」発想を手放す * 劇的に服が減った理由


ads by google

400着以上持っていた服。
現在は17着で落ち着いています。

引っ越しや結婚を機に、フリーマーケットやオークション、バザーを利用して、服を減らしてきました。

80着ほど所持していた停滞期が長くありました。
どれもお気に入りの服でしたが、中でもあまり着ない服が半分ほどありました。

その停滞期から現在のように劇的に減ったのは、「 着回す」ことをやめたから。


少ない服で着回す。
賢い方法だけど、あれこれ合わせると、どうしても合わない組み合わせがでてくる。

いろいろコーディネートできる服でも、「 ベスト」なコーディネートがあり、それ以外の組み合わせはあくまで「ベター」であり、決して「ベスト」ではない。結局、いつも着るのは「 ベスト」ばかりで、「 ベター」はたまにしか着ることはありませんでした。

現在は「ベスト」か「よりベストに近い」服しか持っていないし、着ることはありません。

自分のスタイルを持つということがこんなにも心地良いことを知ってからは、たくさん服を持つ意味が無くなりました。

f:id:cozynest:20160622130624j:plain
画像お借りしています

最近のmyスタイルは、白リネンのトップスと、ちょっと長めの黒のフレアースカート。
手持ちのブラウスは、羽織れるよう、前にボタンがついているものを選んでいます。
今の季節はまだ下にレギンスを重ね、足下はストラップシューズ。暑くなれば下にリネンのペチコートを重ね、サンダルを履きます。寒くなれば、カシミアのカーディガンを重ね、ボトムスにシルクの靴下、カシミアのレッグウォーマー、ブーツを履きます。






「コーディネートする」ことは、昔からファッション誌で常にテーマになっているので、その発想自体をやめてみるのは勇気がいるかもしれません。

「着回す」発想の断捨離で、自分のスタイルを持つ心地よさを知った以外にも、服を買ったり、管理する時間、お金、スペースを大幅に節約できたのは、大きすぎるオマケでした。

少ないモノで暮らす
少ない服で着回す
アイテムを減らすときにチェックしたいトラコミュ。

服を減らすのに参考になる本。


少ないアイテムでおしゃれを楽しむブログテーマはこちら。

トラコミュ 小さな暮らし


トラコミュ 少ないモノで暮らす


トラコミュ The Minimalists


トラコミュ シンプルで豊かな暮らし


トラコミュ 服の断捨離 ・ 整理収納


トラコミュ 少ない服で着回す