cozy-nest 小さく整う暮らし

男子3人を持つワーママ、尾崎友吏子がつづる、暮らしをダウンサイジングして、すっきり簡単に片付く、自然に優しいシンプルな生活。

simplelife-ダウンサイジング

【服を減らす】「同じ服を着てはいけない」という思い込みを手放す。

「何着で着まわしコーデ」など、特定の枠の中で、いかに多様な見た目になれるのか、ファッション雑誌やネットのファッション記事ではいつも特集が組まれます。テレビで目にする芸能人や、毎朝見るニュースの女性キャスターも、いつも違う服を着ています。そ…

【家計管理】「お金の課題を家計簿でカイケツ!」婦人之友12月号に掲載中。

雑誌「婦人之友」に、掲載して頂きました 敬愛する雑誌「婦人之友」12月号に、「ダウンサイジングと家計簿で家事と家計にゆとり」と題して、掲載していただいています。 https://amazon.co.jp/ 雑誌「婦人之友」を出している婦人之友社発行の「羽仁もと子案…

親世代は、なぜトイレットペーパーを買いだめするのか?

1年ほど前、夫の母が引っ越しをしました。一人暮らしなので、比較的荷物は少ない。 住まいも、小さな部屋。2DKから3DKの引っ越しなので、それほど広くない。とはいえ、我が家5人分の荷物よりもおおきいトラックを使っての引っ越しでした。 遠方から近所に越…

【防災】キャンプマットを日常使い&代わりに処分した無印のもの。

先日の台風では、広範囲に被害勧告が出て、多くの方が避難しました。避難所に実際に行った人の手記を見たのですが、「あればよかった」もののうち、避難所に持っていけるキャンプ用のマットなどが第一に挙げられていました。 たいていの避難所では、下に敷く…

【ミニマリストの持ち物】どこの家にもあるけどミニマリストが持たないもの

書籍「ミニマリストな暮らしのつくり方」に掲載していただいています。本の中は、19例の持たない暮らしが紹介されているんですが、その中で一般的な家庭では普通にあるけど、多くの持たない暮らしを実践されているご家庭で、共通してないものをご紹介させて…

【ミニマリストの持ち物】来客用敷布団の最適解。

来客用敷布団、以前は持っていませんでした。 5年前に引っ越した時、処分したんです。当時は、泊まりに来るのは義母か母が1〜7日ほど泊まりに来るくらいでした。だから、当時は、来客がある時のみ、次男が使っている敷布団(エアリーマットレス)を泊まり客…

【おすすめミニマリスト本】片付けでは解決できない問題をラクラク超える。

8月7日に発売された書籍「ミニマリストな暮らしのつくり方」に巻頭8ページに掲載していただいています。

瓶の蓋が固くて開かない!家にある◯◯で超簡単に開ける方法。

ガラス瓶の蓋が、固くてなかなか開かないことってないですか?私は、結構握力には自信があったんですが、やはり年々弱くなってきているのか、固くてなかなか開かない、ということも増えてきました。特に、ジャムやトマトソース、ピクルスなど、酸味の強い食…

【ミニマムな暮らし】タクシーでお引っ越し。

先日、友の会の友人の娘さんが、一人暮らしを始めたと聞きました。 1昨年社会人デビューした彼女。一人の自由な空間を満喫すべく、実家とはスープの冷めない距離にお部屋を借りたとか。と、そこまではよくあるお話なのですが。なんと、引っ越しに、タクシー…

【断捨離】捨てて失敗!と思った子どものもの。

今年から大学生になった長男。 小、中と野球、陸上とスポーツを続けていたのですが、高校の途中から写真部に移籍。 それから、もう多分スポーツはしない、というので、競技用ウエア類は処分しました。高校卒業時、学校で使っていたものも処分するとき、体操…

【時短家事】まず断捨離すべきは、時間と労力、場所を奪うもの。

断捨離を意識するようになって、真っ先に手放したもの。 いい道具を使うと、料理上手になる。その定説は間違っていないと思うけど、必ずしもそれを使う必要も無い。

【愛用品の断捨離】使うのをやめてみた愛用品を手放す。

宇津木式スキンケアを始めてから、長いこと白ゴマ油をキュアリングして、スキンケア用のオイルを自作していたんですが、昨年かった無印のホホバオイルがかなり使い心地がよかったので、今年は1度もオイルの自作をせず。 自作のオイルを入れていた遮光瓶も、1…

スーツケース2つに入るだけの所持品でワクワクしながら生きる。

先日から、Kindle Unlimitedを利用しています。www.cozy-nest.net早速ダウンロードした本10冊のうちのひとつが、こちら。

【整理収納】増え続ける「思い出」を大切に保管する方法 6

思い出のものの整理方法をご紹介しています。 先日の記事のつづきです。【整理収納】増え続ける「思い出」を大切に保管する方法 1 - cozy-nest 小さく整う暮らし【整理収納】増え続ける「思い出」を大切に保管する方法 2 - cozy-nest 小さく整う暮らし【整理…

【整理収納】増え続ける「思い出」を大切に保管する方法 5

思い出のものを上手に管理する方法。 先日の記事のつづきです。【整理収納】増え続ける「思い出」を大切に保管する方法 1 - cozy-nest 小さく整う暮らし【整理収納】増え続ける「思い出」を大切に保管する方法 2 - cozy-nest 小さく整う暮らし【整理収納】増…

【整理収納】増え続ける「思い出」を大切に保管する方法 4

今週のお題「わたしの節分」 思い出のものを上手に管理する方法。 先日の記事のつづきです。【整理収納】増え続ける「思い出」を大切に保管する方法 1 - cozy-nest 小さく整う暮らし【整理収納】増え続ける「思い出」を大切に保管する方法 2 - cozy-nest 小…

【整理収納】増え続ける「思い出」を大切に保管する方法 3

今週のお題「わたしの節分」 思い出があって、愛着があるから、なかなか減らしにくいのが思い出のもの。 場所を取り過ぎていて困っていたらどうする? 先日の記事のつづきです。【整理収納】増え続ける「思い出」を大切に保管する方法 1 - cozy-nest 小さく…

【整理収納】増え続ける「思い出」を大切に保管する方法 2

断捨離したいけど、思い出のものは減らしにくい。 でも、今の生活に支障がでるほど増えたりするのは困ります。では、どうするのか? 昨日の記事のつづきです。 www.cozy-nest.net 保管する量=「枠」を決める 飾っていない分や、飾る必要のないものは、大切に…

【整理収納】増え続ける「思い出」を大切に保管する方法 1

ものを減らす時に、いちばん後回しにしたほうがいいのが、思い出にまつわるもの。 こんまりさんもご著書で書かれていますね。私も同意です。 こんまりさんといえば。 大ベストセラーの「人生がときめく片づけの魔法」の改訂版が発売になるんですね。 ご結婚…

旅行で必要な服=クローゼットで必要な服

旅行と帰省で1週間以上家を空けることになりました。 旅行に持って行った服 持って行った洋服は6点。

調味料や洗剤、なんのために容器を詰め替えるのか?

整理収納アドバイザーさんのブログや本などで、美しいラべリングや同じ素材の容器やビンが美しくならんでいる写真を見かけますね。とても美しいとは思うのですが、私はそんなに几帳面ではないし、忙しいのでできません。 調味料などはもっぱら入っていた容器…

【地震対策】ものが最小限なら、被害も最小限に。

今回の地震で、家の中での被害を減らす、最も有効な方法は、まずものを減らすことだと確信しました。 優先順位を考えて、安全対策を。 災害に備えるために、やっておいたほうがいいことはいろいろありますが、 1不要なものは持たない 2大きな家具の転倒防…

通信費、1家族4人で10000円。

我が家の通信費は、4人で10000円。 通信費は固定費になるので、毎月最低でも決まった額の出費になります。 ここを抑えることによって、無理なく家計の負担が減らせます。 電話やネットとの付き合い、我が家の場合。

広さやものを手放して、コンパクトに暮らす知恵。

4月18日発売の書籍「住まいと暮らしのサイズダウン」に掲載していただきました。手元に届いたサンプル本を、とてもワクワクしながら読んでいます。この本に載っているのは、いろいろな形で、「小さく住む」ことを選んだ10家族。 この10家族、本当に小…

春休み恒例、子どもと一緒に整理。

宿題もない小学生の三男の春休み。 毎日、指導者である先生が、平日の昼も練習を見てくださるので、暇すぎず、適度に緊張感のあるおやすみを過ごしています。 さて、先週は春休み恒例のお片づけをしました。 新年度の準備の前に、持ち物を総点検です。

ミニサイズを使えば、収納スペースも家も小さくていい。

柳本あかねさんの書籍「小さな家の暮らし」を拝読しています。柳本さんのお住まいは、30m2の小さな都内の賃貸マンション。ご夫婦二人暮らしです。間取りはワンルーム。キッチンはなんと幅70cm? 書籍小さな家の暮らしよりこの小さな空間で、ご主人とプライ…

引っ越して住居費月10万ダウン、浮いたお金は子どもの教育費に。

家の買い替えの時に、前のマンションの購入時にあった借金を完済して、今の住まいは現金で購入しました。 毎月の返済額は10万円だったので、それが無くなり、毎月の家計がぐっと楽になりました。 小さい暮らしで、支出が120万円減少しました - cozy-nest …

年末だからこそ、持ち物も汚れもリセットできる。

天気のよかった週末の午前中、大掃除をしました。 物が少なくて家も小さいおかげか、ここのところ大掃除は半日で終わるようになっています。

「小さな暮らし」でラクになる。雑誌「婦人公論」に掲載していただきました

婦人公論12月12日号に掲載していただきました。 特集は、『「小さな暮らし」でラクになる』。モノ・コト・ヒトの断捨離です。

そろそろ年末の大掃除の準備。手始めに床ワックスをかけました。

年末には大掃除をしなくていいほど、いつもキレイな部屋を保てるのが理想。 とはいえ、時間がかかりすぎて、普段のルーティンにはなかなか入れることのできない作業や、一人では重くて動かすことのできない家具の裏のホコリ取りなどは、やはり年末になってい…